爪のケアの頻度は?

爪の手入れ、ケアの正しい頻度はどのくらいなのでしょうか?

季節によっても爪の伸び方は変わってくる?

自宅などでセルフでのネイルケアを行う場合、頻度は2〜3週間に1回くらいが目安のようです。

爪の伸び方には個人差がありますが季節によっても変わってきます。

冬は伸びるのが遅く、夏は早くなるんですよ。

ですので季節によっても調節してみましょう。

例えば、長さを整えるのは2週間に1回で、甘皮ケアなら3週間に1回といった具合に、メニューによって頻度を変えていただくのもいいと思いますよ。

足の爪をお手入れする場合なら、頻度は1カ月に1回程度で大丈夫だと思います。

爪の長さは、指先と揃えるか少し短い程度を目安にしてみましょう。

靴を履いた時などに爪先が靴に当たってしまうと、剥離や亀裂の原因になってしまったり・・・特にヒールなどを履く機会が多い方は、少し短めに整えておくと足への負担が少なくなりますよ。

手足に関わりなく、爪のダメージを予防するにも保湿が一番です。

ネイルエッセンスやキューティクルオイルなどは、こまめにつけるといいと思います。

またハンドクリームを塗る時は、指先をマッサージして血行を促しながら塗ってみましょう。


ツメリッチリペアと爪のケア頻度・・・爪のケアやり過ぎは注意です!

簡単なケア乾燥3


爪は皮膚(表皮)が角質化したもので、爪の付け根の部分で作られています。

爪の根元に白い半月の部分がありますが、そこはまだ水分を含んで柔らかい状態です。

爪は伸びながら徐々に水分含有量が減っていくとともに硬い爪になっていくんです。

柔らかい半月の部分にダメージが加わることで、爪に横溝ができてしまうことがあるのです。

爪のケアをやり過ぎたり、甘皮処理の際に強く押し上げたりしても、横溝の原因になってしまいます。

爪のケアは大切ですが、やり過ぎには注意しましょう。

ちなみにですが・・・昔からよく言われている、半月の大小によって爪の健康状態がわかる?などといわれていますが、とくに違いがあるわけではないようです。

一方で、爪に縦すじが入ってしまうことがありますが、これは加齢や乾燥がおもな原因と言われています。

残念ながら一度できてしまうと爪が伸びてくるまで改善は難しいのですが、表面を磨いたりすることでもある程度は見た目を整えることはできますよ。あきらめないでくださいね。


ツメリッチリペアの最安値価格調査結果!【塗るだけの爪補修】 トップページ

FX業者